十字投げ
四方投げ
呼吸投げ

私の合気道                                 
 

 私が合気道と出会ったのは、今から20数年位前の事です。
 檸檬達というテニスクラブで、たまたま合気道の話が始まり奥田さんが稽古している事を聞き、指導をしてもらう事になり、さらに諸先生のご指導を賜り現在に至っています。
 動機は、自分自身の体を鍛え心も豊かにする事と、私の子供が男子3人だった事から、以前柔道を学生の頃嗜んだ事もあって、子供達に負けないような逞しい体と健康を維持する目的で始めました。最初はただ無我夢中に稽古をしていた為、基本技がしっかり身に付かず現在も苦労しています。
 開祖、植芝盛平先生の書物によれば、開祖盛平の合気道は気・心・体が人間業から『神技』へと飛躍したのではないかと伝えられています。すなわち「腕力」から「気の流れ」へと武術から合気道へと変換する過程が書かれていました。それは純粋化された生命力の象徴としての『気』の鼓動であり、外界からとらわれず大自然さらには宇宙の『気』と一体化し、円を中心とし、力を集中させたり分散させたりする事で技を成立させるのではないかと思われます。
 我々は日々の稽古において、道主の教えに少しでも近づければ幸いです、そのためにも気を抜いて稽古をしないよう心がけたいと思います。実際に気を抜いて稽古を行い、怪我をした経験も有ります。  
 合気道には試合がありません自分自身が厳しく稽古をし、勝負をしたいと思っても叶うものではないのです。おそらく互いに勝負をすれば相当の怪我をすると思われます。
 合気道とは他人を敬い、自分に厳しく修行していくものだと考えます。相手と交える事で気を察し、五感及び六感をも感じ間合いを取り、優しく相手を包むような合気道を目指したいと思います。しかし合気道は武道、それなりの心構えで稽古をしてください。
 
最後に、継続は力なり、なかなか稽古をしてもすぐには上達しません、皆さんと一緒に、和気藹々と励みたいと思います。

指導員に戻る