Back
指導員に戻る
私の心構え

合氣の道に入門して早や十数年が経過していますが、稽古すればする程合氣の奥深さ、理合の素晴らしさに感動しています。
 合氣道は、開祖が若い頃から様々な武道を習得された後、造られたものであるだけに非常に深遠であり、従手だけに滞まらず武器技、多人掛等と技が多く、基本技だけでも覚えるのが大変です。日々の稽古は主に従手中心の稽古で、基本を十分に身につける事が大切だと感じます。
試合が無く審査も型で行われますが、日々の稽古で無限に存在する型をしっかり繰り返し自分の体に消化させ、血が肉になるがごとく身に付けていきたいです。咄嗟に技が引き出せる、型が型でなくなるようになればと思います。
 また、呼吸力は合氣の華と言われ、正直よくわかっていない部分がありますが、開祖の超人的な呼吸力は別としても、我々凡人が呼吸力を身につけるには、やはり一にも二にも”稽古あるのみ”とはっきり言えると思います。それに健康面においても、合氣道は無理のない動きが多く、続けていれば優れた効果があると感じます。
 いずれにせよ私はまだまだ未熟であり、出来るだけ稽古を続け、会の仲間と一歩でも開祖に近づく事が出来るよう精進していきたいです。
杖 対 太刀
杖 対 杖
転換投げ